WiMAXの豆知識

WiMAXは固定回線代わりに使える?速度制限時でも普通に使える?

家に光回線が届いていない、工事が面倒くさい、引っ越しが頻繁なので光は手続きが面倒。色々な理由で光回線が引けずに固定回線代わりにWiMAXは使えるのかをご紹介します

手続きは簡単?

非常に簡単に手続きは出来るので通常でも1週間、最短だと3日ほどで機種が届き高速回線での通信を始めることができます。

光のように工事がいらないし、難しい設定も必要ありません。

固定回線代わりにするならUSBでパソコンとつなぐだけで使えます。その他WiFiの設定は各機種でやるだけなので難しいことはないです。

速度は固定回線として使えるか

最新機種であれば日中100Mbpsくらいの光並みの速度が出ます。

WiMAXの最新機種を確認する

地域によっては光より早いかもしれません。オンラインゲームや高画質動画の鑑賞も余裕です。

夜間や混雑時は30Mbpsほどに落ちることもありますが通常使用にはまったく問題ありません。YOUTUBEの4K動画も楽に再生できています。

結論としては十分固定回線代わりになるくらいの速度が終日出ます。

速度規制時も固定回線として使える?

WiMAXには「3日間で10GB」使用すると「3日間で10GBを超えた日の翌日の18時頃~翌2時頃」まで「1MBps」まで速度が落ちる規制があります。

まず3日間で10GBを超えるのは高画質動画の鑑賞したときや大きいファイルをダウンロードしたときなどです。

WEBの観覧やたまに動画を見るだけなら超える可能性は低いので規制の心配はありません。

規制後の速度は1Mbpsですが通常のWEB観覧は全く問題なく出来る速度です。動画もYOUTUBEの通常画質程度なら問題なく見れます。ニコニコ生放送などの生配信も問題なく見れています。

規制時に難しいのはオンラインゲームや高画質動画再生、大きいファイルのダウンロードくらいだと思います。

つまり通常使用なら規制されていても大きな問題なく固定回線代わりに使えるということです。

WiMAXは固定回線としての使用も大丈夫!

私自身も数年間WiMAXを固定回線として使用していますが大きな問題はないです。

心配していた規制後の速度でもWEBや生配信、動画などの視聴が十分できたことが1番のメリットです。

持ち運びもできるし通信費も節約できるのでWiMAXの固定回線代わりの使用はお勧めできます。

関連記事:WiMAXの選び方。メリットとデメリット・評判解説